1. TOP
  2. 未分類
  3. 金銭感覚が麻痺してしまう国ベトナムへ JALビジネスクラス体験記

金銭感覚が麻痺してしまう国ベトナムへ JALビジネスクラス体験記

 2018/01/30 未分類
この記事は約 15 分で読めます。

ベトナムってどんな国?


社会主義共和国通称ベトナムはインドシナ半島の東部に位置する国家です。

日本のように南北に長い国です。

北は中国に接していて四季らしきものがありますが、

南部の方は年中暖かい(暑い)国です。首都は北に位置するハノイ

は〜い、間違ってた人手を挙げて〜

首都はハノイですよ。南部のホーチミンではありません。

みなさんが思っているベトナムのイメージはきっとホーチミンを舞台としているのではないでしょうか?

もとはフランス領だったベトナム。

特にホーチミンはプチパリと呼べれフランスの趣をたたえた街です。

雑貨屋やカフェがとてもフランスチックで素敵な街です。

またハノイは現在の首都として都市機能が発展しつつあるところで

ハロン湾という世界遺産がすぐ近くにある街です。

どちらが自分にとって楽しい街なのかは人それぞれでしょう。

人口は9250万人。意外と多いんですね。

言語

人口の87%の人はベトナム語を話します。

東南アジアの大陸部の言語は通常インド文化の影響を受けているにもかかわらず、ベトナム語は日本語、韓国語と同様に中国語の影響を受けている言語です。

つまり漢字文化となります。

15年前に訪れた時は、元フランス領だったこともありフランス語を話す人がいましたが、今はどうなんでしょうか?

英語は他の東南アジアの国に比べるとあまり得意ではなさそうなイメージ。

通貨

通貨はドン(VDN)

補助単位は元々あったようですが現在は使用されていません。

このドンが大変。

補助単位がないだけに何もかもドンでお支払い。

(でもよく考えたら日本の円も同じですね)

日本円に換算した時の桁が半端ではないんです。

空港から街までのタクシー代が200,000ドン。

日本円で一体いくら?となっちゃいますよね。

日本円だと、えっ200,000円?

払えません。。。となっちゃいます。

20,000ドンで100円と覚えておくとよいと言われてます。

と言うことはタクシーは日本円で1,000円ということです。

かなり物価は安いです。

東南アジアの旅行の醍醐味はこの物価の安さですよね。

宗教

さすが漢字文化の国だけに(いや全く関係ないかもしれないけれど)

仏教が80%を占めているようです。

あとはカトリック、イスラム教ですね。

交通

ベトナムの交通といえば、バイクバイクバイクですよね。

道路の幅いっぱいにバイクが走っている風景はテレビとかで一度は観たことあるのではないでしょうか?

私は今回15年ぶりにホーチミンへ行きました。

15年前はバイクだらけの街に驚きを隠せませんでしたが、

今回は意外や意外、車が多かったです。

一般人もバスで移動している人がたくさんいました。

そして日本の企業がトラムを作っているようでした。

また、水上タクシーもあると聞きました。

(全く見かけもしませんでしたが。。。)

JALビジネスクラスでベトナムへ

今回、JALのビジネスクラスでベトナムへ行くこととなりました。

出発は羽田空港を午前1時30分に出発するフライトでした。

早朝にベトナムに到着します。

ええ、そのためのビジネスシートです。

飛行機の中で寝ておけば大丈夫と思っていたのですが。。。。

JALのビジネスシート

JALのビジネスクラスは実は初めてでした。

ベトナム行きのシートはJAL SHELL FLAT SEAT

このシートだと窓側の人はトイレに立つ時に“excuse me”が

必要になってきますよね。従って2-2-2の真ん中席を予約していましたが、

空席が目立ったので窓側へ移動して2席を占領しました。

ベトナムまで5時間半のフライトには独立したシート

(ANAでいうとこのスタッガードシート)でなくとも、

180度フラットになるシートは充分でした。

これでたっぷり睡眠を取って朝から観光するはずでした。

JALのビジネスクラス機内食

さすがに深夜発のフライトでは出発してすぐの食事はありません。

機内に搭乗するとすぐに食事の意思の確認がありました。

到着前に食事の提供(朝食)があるのですがそれを食べるか否かの確認でした。

私は頭の中で「当然食べるに決まってるやん」と思いながらオーダーシートの

“食べます”にチェックを入れました。

これが失敗でした。

たった5時間半のフライトで朝食を食べるということは

約3時間ぐらいしか睡眠が取れないのです。

離陸後30分はシートをフラットに出来ないので起きていますよね。

その後3時間ほど寝たと思ったら食事の提供です。

眠くて食事どころではありませんでした。

胃が動かない。。。

で、その朝食はこちら

大好きな鰻。大好きな白いご飯。

ごめんなさい。食べられません。

少しだけ食べて下げて頂きました。

そして軽く二度寝することにしました。

 

JALのサクララウンジ

JALのビジネスクラスが初めてなら、ラウンジも初めて。

せっかくラウンジへ入ったのに写真はこの食べ物の写真のみです。

がっくし。。。

羽田空港となるとANAラウンジよりJALラウンジがいいかもしれません。

ANAラウンジはなんかゴミゴミしている感じがした記憶があります。

お酒の種類もJALの方がたくさんあったように感じます。

ベトナムの空港篇

ハノイには2年前と3年前の年に行きましたがホーチミンは15年ぶりです。

15年前にホーチミンの空港(タンソンニャット空港)に降り立った時は

「ドブ臭い」と思わず口にしました。

いわゆる排水溝臭かったと記憶してます。

よく仁川空港はキムチ臭いと言われてるようにです。

新しくなったホーチミン空港

今回は新しい空港(とは言っても2007年リニューアル済み)です。

ピッカピカの新品ではありませんが以前の古い空港を知っているだけに

プチ感動。

そして免税店がたくさん出来てました。しかもブランド品を扱う免税店もあります。

前は免税店とは名ばかりで、売っているのは下の写真。

これ、免税店で買わなくてはいけないものなのでしょうか?

疑問符だらけでした。しかも20時には閉店。

思わず使えねーと口ずさんだものです。

 

昔はビザが必要だったベトナムですが2004年よりビザが不要になりました。

ビザが必要だった時のベトナムの税関はそれはそれは恐ろしかった。

ジロッと睨まれてベトナム語で質問されました。

もちろん何もわからないし言葉を返せなかったので黙っていたら、

ますます睨まれて。。。

今までで一番怖い空港でしたが、今ではすっかり明るくなってノービザ。

VIVA Ho Chi Minh!!!

ホーチミン空港ラウンジ比較

さて、帰りのフライトは、もちろんホーチミンから出発です。

もちろんJALのビジネスクラスです。

出発は朝の8時。

出発の2時間前には空港にいなくては落ち着かないのでホテルを5時に出発です。

もちろん朝ごはんは辞退してタクシーで空港まで向かいました。

チェックインを終えて、さぁ朝ごはんとばかりにラウンジへ向かいました。

まずはプライオリティパスで入れるラウンジ。

ネットで調べていたのでまっすぐ向かいます。

ちょっと離れた場所にありますが、さほど大きくない空港ですので

難なく見つかりました。「オーキッドラウンジ」です。

こちらは6時からということでオープンと同時に中へ入りました。

約5名程度の人がいました。

プライオリティパスのマークがあります。

数年前に楽天のプラチナカードを取得(何と年会費10800円が5年間無料)して

同時にプライオリティパスが送られてきました。

当時はプライオリティパスが何であるかも知らなくて、

JCBからの電話で取得しないと損ですよ〜と言われて頂いたものです。

送ってきたカードの使い方をじっくり読んで、かなり驚いたのを覚えています。

何と世界中の空港のラウンジを何度でも使えるカードだったので。

しかも年間399$の年会費が無料。

かなり浮かれてニヤついていたのを覚えています。

カードの年会費もプライオリティパスの会費も無料。

楽天カードに感謝感謝の日々です。

(楽天カードのキャンペーンか何かがあっていたのだと思います。

なぜか年会費が5年間無料でした)

 

さて、次のラウンジです。

今回はJALのビジネスクラスなので航空会社の上級会員が利用できる

ラウンジへ向かいます。

「アプリコットラウンジ」です。

チェックインの際にラウンジへのチケットを渡してもらいます。

さて、こちらのアプリコットラウンジへ到着したのは朝の7時頃。

こちらのラウンジは結構いっぱいでした。

料理を見てびっくり。。

さっきのオーキッドラウンジと全く同じです。

スイカやマンゴーの切り方やフォーの薬味、しかも味まで同じ。

スイーツの種類が若干こちらのアプリコットラウンジが多いかな?

でもプリンは形も味も同じ。

つまり、ホーチミンの空港のラウンジの裏方は同じなんですね。

ベトナム空港のラウンジに関しての皆さんのブログを拝見してみたら、

ベトナム空港のリニューアル工事のたびに利用できるラウンジがその時々で変更になっているようです。

つまり、全てのラウンジは同じだということです。

私も2つのラウンジを利用した感想は

アプリコットラウンジの方が航空会社ラウンジなので格が上なのでしょうが、

混雑していないオーキッドラウンジでも十分かな〜

部屋の高級感も窓からの景色もオーキッドラウンジに軍配が上がります。

ひとつだけ難をあげるなら搭乗口から遠いくらいです。

(だからプライオリティパスやカードラウンジなのでしょう)

シャワーもありましたが朝ホテルでシャワーしてきたので使いませんでした。

下の写真のように日本のラウンジに比べるとちょっとガッカリですが、

シャワーが無いラウンジもあるのであるだけ良しとしましょう。

暑い国ですから搭乗前のシャワーは気持ちいいはずです。

初めての交通事故

車の免許を取ってから一度も交通事故に遭ったことが無く、

車をぶつけたりバイクを倒したり(自動二輪大型免許ホルダーです)したことが

無い私がついに交通事故に遭っちゃいました。

しかも外国で。。。

 

タクシーで空港に到着〜と思ったら、脇から他の車がごっつんこ。

あれっぶつかった?

ぐらいの軽い衝撃でした。

実は後ろのシートに座っていると、横の車がこっちへ向かって来るのが見えたのです。

「車がぶつかりますよ〜」と運転手さんへ日本語で言ってはみたものの

通じるわけありませんよね。

ガシャンと鈍い音がして、あ〜あやっちゃったと思わずため息が出ました。

関わると面倒ですし、空港にはもう着いているので、さっさと降りてタクシーの運転手さんへ「いくら?」と聞くと

運転手さんが「いいよ、いいよ」と言うので

(多分そう言ったのだろうと勝手に解釈して)

遠慮せずにさっさと空港の中へ入りました。

lucky!!!

人生初の交通事故はあっけなく終了しました。

ベトナム観光篇

ベトナムのホーチミンは観光とショッピングが楽しめる街です。

意外とこじんまりしていますのでホテルを目的の場所の近くにすると

主な観光地やショッピングには歩いて行けるのではないでしょうか?

15年前に来た時はまだまだゴミと埃がモウモウとしていた感がありました。

今回は随分洗練されたホーチミンへやってきました。

ところでタイトルの教会の写真(工事中なのは勘弁して下さい)

どこかで見たことありませんか?

そうです、長崎の浦上天主堂と似ているな〜と思っていたのです。

15年前からずっと気になっていたので写真を並べてみました。

左が浦上教会.右はサイゴン大教会

あら、並べてみると似ているような似てないような。。。。

教会の豪華さはサイゴン大教会が勝ってるかな〜

サイゴン大教会はフランス領だった時代に建てられた

ネオゴシック様式による建物です。

 

SPA篇

ドンコイ通りを歩いていると若いお姉さんがマッサージとかネイルのチラシを配っています。

私も疲れたらSPAへ行こうと思っていたのでホテルの前のSPAへ行きました。

チラシを持って行くと2割引になるということで250,000ドンのマッサージが

200,000ドンに。

フットマッサージ、上半身マッサージ、ホットストーン、ヘッドマッサージ

2時間コースで200,000ドンです。

この時は200,000ドンて日本円でいくらだろう?

とぼや〜っと考えていました。

ホテルの部屋に戻って、ネットでカードの請求を見てビックリ。

何と200,000ドンは日本円で1100円でした。

2時間のマッサージが1100円ですよ〜

あまりに感動して翌日の予定に再度マッサージを入れたのは言うまでもありません。

翌日のメニューはマッサージとペディキュアとマニキュア、ヘッドスパ。

これで800,000ドン。つまり4400円。

もう感動の嵐。

タイトルの「金銭感覚が麻痺するベトナム」はこの時の感覚です。

他にも水牛のネックレスを3本買いましたが、何と3800円でした。

日本で同じようなデザインのネックレスを検索すると

1本10,000円ぐらいするようです。

変なおじちゃんにナンパされちゃった

ホーチミンの交通は以前からバイクがメインです。

バスや車が増えたと言ってもやはりバイクが多いのは変わりません。

街のあちこちに客引きのバイクがたくさんいます。

つまりバイク(原付)タクシーです。

バイクの後ろにお客さんを乗せてあちこちに連れて行って来れます。

金額は1時間300,000ドンだったと記憶してます。つまり1725円。

これを高いと思うか安いと思うかは人それぞれですね。

私はせっかく一人で来たのだし普通しないことをしようと思い、

乗ることにしました。

本来バイク乗りの私がこのホーチミンでバイクに乗るなんて絶対ありえないことだと思ってました。

あのバイクの波に自分が入るなんて怖くて無理だと何度も客引きを断ってました。

しかしお昼前に声を掛けてきたおじちゃんには何となく

「まっいいか!」と思ってしまいました。

リクエストは「海の神様」と「美味しいフォー」

海の神様 通称 くるくる寺(天后宮)は少し街から遠かったので行くのを諦めていましたが、ナンパされたおじちゃんに連れて行ってもらいました。

天后宮ではお祭り(?)があっていました。

長崎のおくんちやランタンフェスティバルで見かける獅子舞です。

その後はフォーを食べに連れて行ってもらいました。

観光客用ではなく地元の方が食べに行くようなフォーのお店へとリクエストしました。

行ったお店の名前は分からなかったけれど、下のお店です。

今まで食べたフォーの中で一番好きな味でした。

おじちゃんに連れて来てもらって良かった。

バイクを嫌がらなくて良かった〜と思った瞬間でした。

おじちゃんと偶然にも知り合えて良かったと思いました。

お名前は聞いたけど、難しくて発音出来ませんでした。

日本語と英語を独学で勉強されてほぼ日常会話なら出来るようです。

10年ぐらい前に話せるようになったみたいです。

本人の許可を取って写真を載せます。

もしこのおじちゃんにベトナムで声を掛けられたらバイクタクシー乗ってみて下さい。とても安全運転ですし、日本語通じます。便利ですよ。

ドンコイ通りとベンタイン市場

上の写真が有名なドンコイ市場です

ホテル滞在記

今回宿泊したホテルはこちら。

ドンコイ通りというホーチミンで一番人気のショッピング通りのすぐそばにあります。

残念ながら部屋の写真を撮り忘れてしまいました。

洗面台の写真がありました。

部屋の写真はサイトよりお借りしました。

実際に泊まった部屋と同じタイプのお部屋です。

高さも同じくらいでしょうか?

多分グレードアップしていたのですが、高層階だから嬉しいと思う人間ではないので覚えていません。

レイトチェックアウトは出来たのですが、出発は朝の5時だったので

丁重にお断りしました。

ホテルのグレードアップって何の特権を利用しなくても、一人だったらあり得たりしますよね。

でも今回のグレードアップとレイトチェックアウトは始めから想定内のことです。

こちらのシェラトンホテルはSPGグループのホテルです。

私はこのSPGの会員なんです。しかもゴールドエリートとなります。

通常の会員からゴールド会員になるには通常年間に50泊しなくてはいけません。

しかし下のSPGアメックスのカードを所有すると初めての宿泊から

ゴールド会員となります。

 

 

すごくないですか?

私もこのカードを利用しての宿泊は今回で2回目です。

なのに、お部屋のグレードアップとレイトチェックアウトが

当日の状況に応じて提供されます。

年会費(31000円+消費税)が高いのがデメリットとよく言われるカードですが、何にお金を使うか人それぞれの価値観によると思います。

紹介制度を使ってカードを取得して一定の条件を満たすと17000ポイントがもらえます。

カードを買い物とかホテルの支払いに使うと一般のカードと同じでポイントが付きます。

また、いろいろな航空会社のマイルに交換出来ます。

20000ポイントをマイルに交換すると25000マイルになります。

1マイルの価値を少なく見積もって2円としても20000ポイントは50000円の価値に変わってしまいます。

紹介制度でカードを取得して条件を満たした時に17000ポイント。

1ヶ月に10万円ぐらいカードで精算すると2〜3ヶ月ですぐに3000ポイントを獲得出来ます。

するとマイルに交換でき、50000円の価値を生み出します。

すると年会費の31000円+消費税2480円=33480円を上回る利益を得ることができます。

SPGアメックスのカードの特徴は下の記事にもあります。

SPGアメックスカードの記事

\ SNSでシェアしよう! /

華の夢 マイルを使って一人旅の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

華の夢 マイルを使って一人旅の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

hana1213

マイルを使って年間10回ほど旅しています。
そのほとんどは一人旅。
ひとり旅ならではのエピソードとかノウハウをお伝えします。

簡単な旅行記はinstagramにて公開中

この人が書いた記事  記事一覧

  • 一人旅の方、必見!! 海外旅行に持っていくもの、一人旅で本当に大事なものは?

  • The Country I have ever been to

  • 高級ホテルの超アップグレードが可能なカードはどれ?SPGアメックスVSアメックスプラチナカード

  • アメックスゴールド新規加入は2通り 年会費無料と大量ポイント 審査基準と申込

関連記事

  • マレーシア航空で初のバリ島旅行。SPGアメックス チタンステータスでリッツカールトンスイート宿泊!

  • 何と超一般人がアメックスプラチナカード発行!!使える特典はこれ。一番お得な申込方法と条件や年収

  • JAL ビジネスクラスでマレーシアへ!世界一安いリッツカールトン宿泊記

  • The Country I have ever been to

  • 憧れのメキシコへ!ティオティワカン&セノーテ。

  • ANAアメックスプレミアムカード 入会キャンペーン‼️コスパ良すぎな特典・メリット‼️申込・審査・基準は?