1. TOP
  2. 未分類
  3. プライオリティパスで世界中のラウンジを満喫しよう。上級クラスでなくても優雅な旅を。特徴と取得方法。

プライオリティパスで世界中のラウンジを満喫しよう。上級クラスでなくても優雅な旅を。特徴と取得方法。

 2018/05/30 未分類
この記事は約 10 分で読めます。

プライオリティパスって何?

プライオリティパスとは「プライオリティバス」と言う企業が発行しているカードの名前です。

企業名とカードの名前が一緒です。

でもクレジットカードではありません。

この企業の提供するサービスは空港ラウンジの提供です。

世界100国の1000以上のラウンジを利用できるカードを発行している会社です。

日本国内にはプライオリティパスを使って利用できるラウンジはあまりありません。

しかし海外のプライオリティパスのラウンジは想像を絶するゴージャスなラウンジです。

空港でのトランジットやトランスファーの時間が長ければ長いほど、ベンチでの待ち時間が

辛く退屈で、それだけで疲れてしまします。

それをラウンジで過ごせるこのカード、是非、旅好きなあなたにも使って頂きたいので

今からこのカードのメリットとデメリットご説明します。

SFC・JGCの修行がなくても大丈夫

旅好きな方々、もしくは陸マイラーの方々がよく口にする言葉です。

SFC・JGCと言う制度で航空会社の上級会員のことです。

SFCがANA、JGCがJALの上級会員のことです。

(今回は説明を端折りますね)

これは、飛行機に年間何回乗ったかによって航空会社のランクが付いたりしますが

日常生活において飛行機を使わない人は修行という名目でこの上級会員のランクを目指します。

東京=沖繩を日帰りで往復することを繰返したりして、上級会員を目指します。

何故、そうまでして上級会員を目指すかというと、上級会員にのみ与えられた特典が欲しいからです。

例えば

✅優先搭乗

✅優先手荷物受取

✅航空券購入の際の優先

✅航空券の空席待ちの優先

✅プレミアムエコノミーへのグレードアップ(空席状況による) その他etc

 

中でも一番人気は

ラウンジの利用

だと私は思っています。

誰だってラウンジは利用したいと思いませんか?

冒頭でも述べましたが、乗継が多ければ多いほど空港で過ごす時間が長くなります。

通常の待合室は疲れてしまいますよね。

上級会員になると当日利用の航空会社のラウンジが必ず利用できます。

もちろん全ての航空会社のラウンジが一つの空港の中にあるわけではありませんので

無い場合は同じアライアンスのラウンジが利用出来ます。

また、上級会員でなくても、プレミアムエコノミー以上のクラスシートに搭乗する際には無条件でラウンジが利用出来ます。

しかし、修行してSFCやJGCになるにはお金が必要になります。

意外と高く付くんですよ。だいたい30〜50万程度かかると言われています。

もし、ラウンジが利用したいだけだったらもっと手軽なプライオリティパスの所持を考えてもいいのではないでしょうか。

プライオリティパスの特徴

先ほどもお話ししましたが、プライオリティパスはラウンジのみの特化したカードです。

クレジットカードでもなんでもありません。

空港で搭乗券とプライオリティパスを見せるとラウンジ内に入ることが出来ます。

プライオリティパスの種類

ただラウンジに入るだけのカードですが、実は3種類のカードがあります。

カードの種類 年会費 会員利用料 同伴者
スタンダード 99ドル 利用都度27ドル 27ドル
スタンダードプラス 249ドル 年間10回迄無料以降

都度27ドル

27ドル
プレステージ 399ドル 利用回数上限無無料 27ドル

上記のようになっています。

えっ高い!!

と思った方も多いでしょう。

だったらゴールドカードのラウンジでいいわ〜と思った方もいるでしょう。

ちょっと待った!!!

ゴールドカードのラウンジとプライオリティパスのラウンジ。

比較してみましょう。

空港のラウンジ比較

世界の空港には大体3つの種類の空港があります。

✅ゴールドカードの所有者が利用できるラウンジ

✅プライオリティパスで利用できるラウンジ

✅各航空会社の上級会員もしくはビジネスクラス・ファーストクラス利用者が利用できるラウンジ

最後の航空会社のラウンジは上級会員になるか、ビジネスクラス等に乗らないと利用できないんで

中々一般庶民には手が届きません。

でも、通常の待合室は疲れますよね。

ではゴールドカードのラウンジはどうでしょう。

ゴールドカードを持てば入れますのでそれもいいでしょう。

ゴールドカードラウンジ

クレジットカードのゴールドカードを持っていると利用できるラウンジです。

日本の国内線ターミナルにもこのラウンジがある空港は多いです。

ただし、このラウンジのある場所が問題なんですよ。

制限区域外、つまり手荷物検査をする前のスペースにある場合が多いです。

手荷物検査が済んでいない状態でラウンジを利用するので気持ちに余裕がありません。

もし手荷物検査が混んでいたら、飛行機に乗り遅れたりもします。

汗かきますよね〜ドキドキしますよね〜

しかもラウンジの中の飲み物や食べ物も少しショボ目かな〜

少し物足りなさを感じます。

ゴールドカードで入室出来るので、人が多く雑多感が否めません。

プライオリティパスのラウンジ

画像は、香港のプラザプレミアムラウンジの食事です。

メキシコシティ空港のプライオリティパスカードで入室出来ました。

同じくメキシコのラウンジです。バーカウンター付きの素敵なラウンジでした。

基本、プライオリティパスカードを持っていないと入れませんので

入れる人が限られます。ラウンジに空間的余裕があります。

制限区域内にある場合がおおいので、気持ちにもゆとりができます。

因みにプライオリティパスという企業がラウンジを経営しているわけではありません。

空港の中に、企業がラウンジを設置して経営します。(航空会社ラウンジ除く)

その会社がどういう客層(カードの持ち主)をラウンジの中に入れるかを検討して

各カード会社等と提携してラウンジを使えるカードが決まります。

プライオリティパスカードはその一部となります。

ただ、ゴールドカードよりや料金が高い分、設備の良いラウンジを利用出来ます。

航空会社のラウンジ

マレーシアのキャセイパシフィックのラウンジの食事です。これが全てだったと記憶してます。

何度も説明しているように、こちらのラウンジは航空会社の上級会員もしくはエコノミークラス以外の

上級クラスに搭乗する人しか利用できません。

利用者が限られている分、空間に余裕があります。

料理もゴールドカードラウンジやプライオリティパスラウンジよりは良いと言う触れ込みです。

実際どうかは人の感性の問題だと思います。

国や空港、航空会社によってかなり差のあるラウンジです。

羽田空港のJALのラウンジです。お昼時でしたが食事はこれだけです。お味噌汁と。。。

どのラウンジに貴方は入室したいですか?

もちろん航空会社のラウンジでしょう。

 

私はSFCもJGCも持っているので航空会社ラウンジは使えますが

意外とプライオリティパスラウンジが好きです。

思った以上にいい仕事しているんですよ。

食事も多いし、シャワーもあります。

ロンドンのヒースロー空港のプライオリティパスラウンジではエステサービスがありました。

時間が無かったので受けられませんでしたが。。。

マレーシアのクアラルンプール空港ではキャセイパシフィックラウンジを案内されましたが

南国でありながらシャワーがありませんでした。

プラザプレミアムラウンジ(プライオリティパスラウンジ)にはシャワーがあるとの書いてました。

ニュージーランドの空港でも同じです。

航空会社ラウンジはおつまみ程度の食事でしたが、プラザプレミアムラウンジでは

食べきれないほどの食事とバーカウンターがありました。

 

航空会社の上級会員になるのには対価が必要ですし、もちろん上級クラスに乗るのもお金が必要です。

 

プライオリティパスカードを取得する対価はそれに比べると大したことありません。

プライオリティパスをゲットするには

前項でプライオリティパスの会費を表で説明しました。

高いですよね。

でも私はプライオリティパスを無料で作りました。

未だに会費を払ったことありません。(現在取得して3年が経過しました)

それは楽天カードの発行です。

楽天のプレミアムカードの発行をするともれなく(と言っても自分で手続きが必要です)

付いてきます。

楽天プレミアカードは楽天ゴールドカードより上のカードですので

ゴールドカードラウンジへの入室権利もあります。

ゴールドカード以上のカードでありながら、年会費10,800円でしかもプライオリティパスの

プレステージ会員(399ドル)の権利が発生します。

とてもお得ですよね。

今ならカードの新規作成と利用で10000ポイント(楽天ポイント)がもらえます。

もし楽天のプラチナ会員だと13000ポイントもらえます。

こちらからご紹介もしています。ご利用ください。

楽天プレミアムカードはこちらから

 

ちなみにプライオリティパスカードは楽天カード到着後、楽天e-naviにて登録が必要です。

プライオリティパスカードのデメリット

良いことづくめのカードですが、一つだけデメリットがあります。

同伴者がいる場合は料金が発生します。

今回、楽天プレミアムカードのご紹介ですので、同伴者の分は楽天カードから3,000円の請求が来ます。

ゴールドカードや航空ラウンジは同伴者がいる場合は一緒に利用出来ますが、プライオリティラウンジはしっかり料金が取られます。

そこでプチアドバイス。

田舎の空港ではプライオリティパスのラウンジとゴールドカードラウンジが一緒の場合があります。

例えば、イタリアのトリエステ空港、オーストリアのグラーツ空港、ベトナムのホーチミンの空港等は

プライオリティパスとゴールドカードラウンジは一緒です。

その場合はゴールドカード(楽天プレミアムカード)の提示で二人利用出来ます。

プライオリティパスもこの同伴者がいる場合の措置を早急に解決して欲しいです。

楽天プレミアムカードはこちらから

 

 

ちなみに、アメックスのゴールドカードの取得でもプライオリティパスカードがついて来ます。

しかしこちらは年に2回のみの利用しかできません。

2回となるとトランジットやトランスファーがある旅行だと、1回の旅行で4回〜6回以上、

空港での待ち時間が発生します。

残念ながら2回の利用権では足りないのです。

しかしながらアメックスゴールドカードの旅行に特化した特典の多いカードも魅力的です。

アメックスカードの記事は👇

アメックスゴールドの記事はこちら

アメックスゴールドカードはこちらからご紹介します

 

 

保存保存

\ SNSでシェアしよう! /

華の夢 マイルを使って一人旅の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

華の夢 マイルを使って一人旅の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

hana1213

マイルを使って年間10回ほど旅しています。
そのほとんどは一人旅。
ひとり旅ならではのエピソードとかノウハウをお伝えします。

簡単な旅行記はinstagramにて公開中

この人が書いた記事  記事一覧

  • 一人旅の方、必見!! 海外旅行に持っていくもの、一人旅で本当に大事なものは?

  • The Country I have ever been to

  • 高級ホテルの超アップグレードが可能なカードはどれ?SPGアメックスVSアメックスプラチナカード

  • アメックスゴールド新規加入は2通り 年会費無料と大量ポイント 審査基準と申込

関連記事

  • アメックスビジネスゴールドカードキャンペーン!個人事業主とは?サラリーマンとの違いは何?ポイントアップはこちらのサイトから【3月版】

  • マリオットボンヴォイのメリットとプラチナチャレンジ ポイントの貯め方・キャンペーンとお得なカードの申込み

  • 新緑のドイツでマリオットプラチナチャレンジ!ホテル宿泊記と観光 宿泊と滞在の違い

  • 高級ホテルの超アップグレードが可能なカードはどれ?SPGアメックスVSアメックスプラチナカード

  • マレーシア航空で初のバリ島旅行。SPGアメックス チタンステータスでリッツカールトンスイート宿泊!

  • 国内旅行定番、17回目の北海道は襟裳岬に決定!マイルを使って北海道。